仲睦まじい米・カナダ首脳、ネットで「ブロマンス」と話題に




バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領(54)は10日、カナダ首相として約20年ぶりに米国を公式訪問したジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相(44)をホワイトハウス(White House)に迎え、「とても見栄えのよいカナダの外交団」とのあいさつで歓迎した。

 米加関係の再構築に向けた公式訪問とあって、ホワイトハウスの南庭「サウスローン(South Lawn)」で行われた歓迎式典では、軍楽隊と儀仗(ぎじょう)兵が華々しくカナダの若い新首相を出迎えた。

 今夏にカナダへの公式招待を受けたオバマ大統領は、「米国人が必ずしも十分に伝えていないことがある。それは、われわれが北側の友人たちとの偉大な同盟とパートナーシップ関係をいかに重要視しているかということだ」と語った。国境を接する大国から少々無視されていると感じているカナダ国民に向けたメッセージとみられる。

 これに応える形でトルドー首相も、オバマ大統領を「とてつもない思いやりと知性の持ち主だ」と称賛した。

 両首脳は、どちらの国のビールが優れているかといった話題や、アイスホッケーについて陽気なやりとりを披露。シリアやイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」をめぐる対策での見解の相違は脇に置き、白髪をめぐって冗談を交わしたり、お互いの夫人や子どもたちを褒め合ったりした。

 インターネット上では、サウスローンで昔からの親友のように微笑みあったり、赤ん坊をあやしたりするオバマ大統領とトルドー首相の写真が拡散され、男性同士のプラトニックな親密さを表す「ブロマンス」という言葉で2人の親密ぶりをからかう投稿や記事があふれた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック