80歳の「黒い未亡人」が出所、警察が注意呼び掛け カナダ




カナダ東部ハリファクス(Halifax)の警察当局は18日、交際相手や夫を殺害したり、金をだまし取ったりした罪で服役していた80歳の女性が刑務所を出所したとして、住民に注意を呼びかけた。

 出所したメリッサ・アン・シェパード(Melissa Ann Shephard)元受刑者は、「親密な関係にあった相手に対する深刻な暴行で有罪判決を言い渡され服役していたが、刑期を終え」、厳しい条件の下に釈放された。釈放にあたっては、同元受刑者はインターネットの使用や、過去の被害者およびその親族への接触を禁じられている。だが、警察は再犯の恐れがあると見ている。

 シェパード元受刑者は2012年、結婚からわずか2週間後、最後の夫(75)を毒殺しようとした容疑で逮捕されたが、それ以前にもカナダと米国で過失致死罪や窃盗罪、文書偽造罪で数年、服役していた。

 同元受刑者は1991年、元夫に薬を飲ませた後、車でひいたとして禁錮6年の有罪判決を言い渡されたが、刑期終了前に釈放された。その後米フロリダ(Florida)州に移り住み、現地で出会った男性と2000年に結婚したが、男性はそれから体調を崩すようになり、02年に心臓発作で死亡。男性の銀行口座からは金が引き出されていた。

 それから間もなくシェパード元受刑者はインターネットで73歳の男性と知り合い、一緒に住み始めたが、その日のうちに男性は頭部などのけがで入院。同じような事態が2か月で7回も発生した。男性からほとんど知られていない薬物が検出されたことをきっかけに、シェパード元受刑者はフロリダで収監された。この男性の銀行口座も、残高はゼロになっていた。

 シェパード元受刑者は5年後の09年に釈放され、カナダに強制送還されたが、12年にまた逮捕された

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック