「核テロの可能性排除できない」天野IAEA事務局長




国際原子力機関(IAEA)の天野之弥(Yukiya Amano)事務局長は24日、AFPのインタビューに応じ、「テロは広がりつつあり、核物質が(テロに)使用される可能性は排除できない」と述べた。

「IAEA加盟国は、核の安全保障を強化することへの関心を持続させる必要がある」「核によるテロの危険性を認識していない国々が最大の問題だ」と天野事務局長は語った。

 今月31日と4月1日、米首都ワシントン(Washington D.C.)では約50の国や国際機関の首脳や代表らが出席する核安全保障サミットが開かれ、世界の約1000か所の核施設で取り扱われている核物質の安全性などについて話し合いが行われる。

 核がテロに使用される危険性を強調するように、ベルギー警察は昨年12月、同11月にフランス・パリ(Paris)で起きた同時テロ事件の捜査で、ベルギーの原子力当局の高官の行動を撮影した10時間におよぶ動画を発見している。

 パリでの同時テロ事件に関与した容疑でベルギー国内で勾留されているモハメド・バッカリ(Mohamed Bakkali)容疑者の住居で発見されたとされるこの動画は、原子力当局の高官の自宅の外の茂みに仕込まれていたカメラで撮影されていた。

 ベルギーのある新聞は、カメラを回収したのは、今週ベルギー・ブリュッセル(Brussels)で起きた連続テロで自爆したブラヒム・バクラウィ(Ibrahim El Bakraoui)容疑者と弟のハリド・バクラウィ(Khalid El Bakraoui)容疑者だったと報じている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック