赤十字と記者が国境突破を手助け? うわさで難民ら殺到、ギリシャ




ギリシャ北部イドメニ(Idomeni)のマケドニアとの国境沿いで27日、難民たちの集団が国境フェンスを越えようと集結し、一時騒然となった。世界各地のジャーナリストと赤十字(Red Cross)が難民らをマケドニアに入国させてくれるとのうわさが広がったためとみられる。

 ギリシャ当局は既に、バルカン諸国の国境封鎖によって欧州連合(EU)域内に至る主要ルートが断たれイドメニの劣悪な環境で野営していた推計1万1500人の移民・難民を別施設へ移送し始めている。

 イドメニで取材するAFP記者によると、27日は朝から老若男女300人ほどが線路や国境フェンス沿いに集結し、ギリシャ警察の機動隊員が機動隊員が監視する中、歌ったりスローガンを叫んだりした。赤ちゃんを抱いた人も何人かいた。デモはおおむね平和に行われたという。

 障害のある高齢の難民たちも車いすで参加し、涙を流す姿も見られた。多くの人々は移動に備えてテントを解体した後、白いハンカチを振って行進した。一部の難民らが立ちはだかる機動隊員の列に突進しようとする場面もあったが、別の難民たちが手をつないで「人間の鎖」をつくり、押しとどめたという。

 この騒動は、国境の強行突破をジャーナリストや赤十字が支援してくれるとのうわさがきっかけで起きたとみられる。ギリシャ・アテネ通信社(ANA)の取材に応じた若いシリア難民は、「赤十字と世界各地から集まったジャーナリスト500人が僕らと行動を共にしてくれると聞いた」と語った

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック