「サイバー救助犬」災害現場で活躍目指す 東北大チーム




東北大学(Tohoku University)の大野和則(Kazunori Ohno)准教授らのチームが災害現場での要救助者捜索用に開発した機器を装着した「サイバー救助犬」が、年内の運用開始を目指している。

 先月、埼玉県富士見市で行われた訓練には、10歳のブリタニー・スパニエルの「ゴンタ」がサイバー救助犬として参加。全地球測位システム(GPS)やカメラなどの計測機器を搭載したバックパック型の装置を背負ってコンクリートのがれきの中を探索し、位置情報や画像データをタブレット端末にリアルタイムで送信した。

 大野准教授によると、救助犬ががれきの奥に入った後は中の様子がわからないことが、これまでの問題点だった。だが、サイバー救助犬に取り付けられた装置からハンドラのタブレットに送信される情報で、崩壊した建物の中の様子や生存者の位置などを知ることができるという。

 装置の重量は1.3キロ。ゴンタのような中型犬が背負っても負担にならない重さだ。米国では大型の軍用犬に装置を取り付けて災害現場に派遣する例があるが、救助作業では小回りのきく中型犬のほうが望ましい。

 ゴンタは2011年3月の東北大震災の際にも救助活動に加わった。だが当時は、ゴンタも他の救助犬も嗅覚のみに頼って生存者を捜した。救助犬によるこれまでの捜索活動での大きな問題点は、倒壊した建物のがれきに犬が潜ってしまうと、中で何が起きているのか、外の人間に分からなかったことだという。

 一方で大野氏は救助ロボットも開発した。ロボットは過酷な状況下でも長時間の捜索が可能だが、限られた時間内に広い範囲で要救助者を捜せる犬の能力には及ばなかった。災害発生時の人命救助では、それを過ぎると生存率が極端に下がるといわれる72時間以内の救助が重要な目安だ。

 ロボットにできることとできないことを研究しているうちに、救助犬とロボットを組み合わせた新しい技術を開発できるんじゃないかと思ったと大野氏は話す。

 大野氏は、サイバー救助犬用のバックパック型装置の開発を支援した日本救助犬協会(Japan Rescue Dog Association)に年内にも装置を貸し出したいと考えている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック