チャップリン博物館、ついに開館 スイス西部




映画俳優・監督のチャーリー・チャップリン(Charlie Chaplin)の人生と作品を紹介する博物館「チャップリンの世界(Chaplin's World)」が17日、スイス西部のコルシエシュルブベイ(Corsier-sur-Vevey)に開館した。

 喜劇映画『モダン・タイムス(Modern Times)』のチャップリンのように巨大な機械の歯車に巻き込まれたり、喜劇映画『黄金狂時代(The Gold Rush)』のチャップリンのように崖っぷちでぐらつく山小屋の中で転げ回ったりすることを想像して欲しい。この体験型博物館では、望みさえすればそうしたことも実現可能だ。

 スイスのレマン湖(Lake Geneva)のほとりの景勝地に建てられたこの博物館は、15年かけてようやく開館にこぎ着けた。開館日の前日には、チャップリン生誕127周年の節目を迎えていた

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック